小冊子の無料請求はこちらから

住宅ローンの返済で困ったときの対処法

マイホームをやっと手にしたのに、住宅ローンが返済不能なり、住宅を手放さざるを得ない人が急増しています。
俗に言う「住宅ローン破綻」です。
住宅ローン破綻になる大きな原因の一つは、リーマンショックと言われる世界的な不況です。
失業やリストラによって、家計の収入が激減しました。
しばらくの間は、預金を切り崩したり、金融機関からの借金で、何とかその場はしのいだとしても、やがて限界が来て、住宅ローンの延滞が始まって、・・・・競売。
不動産の競売に関する統計では、金融機関が強制的に担保債権を処分するために、競売になった不動産も急増しているとのことです。
住宅ローンの返済苦で喘いでいる方たちが、日本中にたくさんいらっしゃることでしょう。
住宅ローン破綻を機に自己破産をしたり、家族まで崩壊した人も少なくないようです。
このような「悲劇」を目にする度に悲しい思いになります。
競売を回避して、人生をリセットする解決法があるからです。
住宅ローン返済苦を解決出来る方法があるのです。
一般的には経験する機会が少ないこともあり、競売自体があまり理解されていません。
そのため、競売と聞いただけで、パニックになってしまう人も見受けられます。
そこで、このコーナーでは、まずは、競売の説明から始めます。
次に、競売以外の方法で人生をリセットできる方法があることを説明します。
競売になってしまう前に、任意売却によって、住宅を処分する方法です。
このコーナーでは、任意売却が、競売より有利な理由や、任意売却流れなどを詳しく説明します。
確かに、住宅を手放すことには痛みが伴います。
しかし、それで人生が終わるわけではありません。
大切なのは、負の流れをいったんリセットして、前向きに再出発することです。
このコーナー「住宅ローン返済苦解決法」が住宅ローンの返済で困っている方たちの少しでもお役に立てば幸いです。