小冊子の無料請求はこちらから

ライフプランには想定外がある

住宅を購入する際に、多くの方たちは「借入可能額」でなく、「返済可能額」をもとに計画します。
たとえば会社員の場合であれば、月々の返済額を少なくするためにボーナス払いを併用したりします。
ただし、その前提条件は、会社が倒産したり、リストラに会ったりすることなく、健康で定年まで働き続けられることが前提となります。
しかし、その思惑は予定通りに運ばず、ライフプランが狂ってしまうこともあります。
人生、山あり谷ありと言いますが、当初の予定では、考えもしなかったことが起こる場合があります。
事業が息詰まり、会社を倒産させてしまったり、勤めていた会社が倒産したり、リストラされたり、リストラされないまでも、給料が下がったり、ボーナスが支給されなかったりなど、様々な要素で人生が狂う場合があります。
自ら望んでそういう道を歩む人は一人もいないと思います。
理由はともあれ、月々の住宅ローン返済が苦しくなると、、多くの方が、返済期間を長く組み直したり、住宅ローンの返済額を減額出来ないかと考えます。
しかし、そのような条件変更ができるかどうかは、金融機関の意向やその時の政府の政策によっても異なります。
ほとんどの方は、何とかしようと、何らかの対策を講じようとしますが、中には、ローンの条件変更の要件を満たさず、条件変更の出来ない方や、条件変更した後も、更にローンを滞納してしまう人もいるでしょう。
では、住宅ローンが滞ると、一体、どうなるのでしょうか?