小冊子の無料請求はこちらから

金融機関からの督促状が届く

住宅ローンを1ヶ月以上滞納すると、銀行などの金融機関から、督促の電話が来たり、督促状が送られてきたりします。
そこでキチッと対応せずに、延滞期間が2~3ヵ月経過すると、銀行から呼び出されたりし、返済について、話し合いを求められます。
このときに、銀行の担当者から、任意売却の話しをされる場合もありますが、任意売却の詳細については、後の章で詳しく説明します。
銀行との話し合いで、支払い期間を延長したり、元金を据え置くことにより、当分の間の支払い金額を減額することが出来るケースがあります。
そうなると、支払い総額が増えるので、決して有利な解決策ではありませんが、せっかく手に入れたマイホームを手放さずに済むのであれば、こういった対応もいたし方ないと思われます。
ただし、このように支払い条件を変更し後に、更にローンの延滞、滞納が続くと、その後の猶予は認められなくなる場合が多いです。