小冊子の無料請求はこちらから

担保不動産競売決定通知書が届く

保証会社が債務の代位弁済をしてから、そのまま放置しておけば、早ければ1ヵ月、遅くても6ヵ月以内に、裁判所から「担保不動産競売決定通知」が届き、競売が開始されます。
競売については、後ほど改めて説明しますが、簡単に言えば債権者が裁判所に競売の申し立てを行ない、入札により、一番高い価格を申し出た入札者に不動産を売却することです。
債権者が競売の申し立てをすれば、民間の金融機関では、早いところでは3ヵ月程度で「差押え」をしてきます。
以後、不動産の所有者は、自由に売買できなくなります。
また、債権者のなかには、不動産の「抵当権」を行使する者も出てきます。
抵当権は、債務者または連帯保証人が所有している不動産を対象にした物的担保です。
競売によって、その不動産を処分した代金から、債権の回収をするために設定するものです。
一番最初に抵当権を設定した者が第一位の抵当権者となり、順に第二位の抵当権者、第三位の抵当権者となります。