小冊子の無料請求はこちらから

信用情報機関に事故登録される

通常、3ヵ月ほど滞納すると、信用情報機関に「事故(延滞)」登録さると説明しましたが、やはりこれは、社会人としてリスクになります。
個人信用情報とは、過去に住宅ローンや、その他クレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどの申込をした際に申告した、個人の属性情報(住所・氏名・生年月日・勤務先など)と、クレジット、ローンなどの利用履歴と支払い状況のことです。
これらの情報の記録は、ローンの利用、返済、事故(滞納)など、最新の取引から約5年間、情報として記録されます。
シーアイシーや全銀連などの個人信用情報機関が、これらの情報を収集、管理して、照会がある度に、銀行などの金融機関に提供しています。
その個人情報に「事故」として登録されると、どこの金融機関も新たにお金を貸してくれなくなります。
多くの金融機関が、この個人信用情報を参考に、融資の可否を決めています。
そして、これに事故登録されると、カード会社はクレジットカードなどの利用を停止したり、カードの返却を請求したりしてきます。
つまり、手持ちのクレジットカードが使えなくなる可能性があります。
個人信用情報機関に「事故(延滞)」登録されると、お金を貸してくれるのは、ヤミ金などしかありませんが、近年では法律の改正により、街金やヤミ金等も、事故登録のある人への新規の貸し出しを渋る傾向にあります。
街金などの経営自体が苦しくなってきているので、不良債権になりそうな人物には新規の貸し出しをしないのです。