小冊子の無料請求はこちらから

滞納を放置すると、差押えからやがて競売へ・・・

一括返済を求める督促状が届いた場合、債権回収会社や保証会社へ債権が譲渡されたということは、次は「競売になる」ということを意味しています。
債務者があちこちからも借金があり、権利関係の整理が難しい場合には、債権回収会社や保証会社は裁判所に申し立てを行なって物件の差し押さえを行い、次に「競売」という方法をとります。
また、一部の債権者は不動産に抵当権を実行し、競売になった場合に、不動産を売却した代金から債権の回収を図ろうとします。
早いところでは、滞納して3ヵ月程度で、不動産の差し押さえの通知が届きます。
こうなると、任意で不動産を勝手に処分することはできなくなります。
住宅ローン滞納による不動産の差し押えは、滞納者の特定の財産について、法律上または事実上の処分を禁止し、裁判所がそれを売却できる状態にするための最初の手続きです。
つまり、自宅が競売の対象となったということです。
そして、その後「担保不動産競売開始決定」という通知が届きます。