小冊子の無料請求はこちらから

競売での買受人決定後の流れ

開札日に最高額での買受申し出人が、落札者に決定します。
落札人(買受人)が決まれば、もとの所有者は退去しなければなりません。
既に、所有者ではなく占有者として扱われます。
買受人は、売却が確定して、売却代金を納付することで、その不動産の所有権を取得します。
裁判所書記官が所有権移転および売却によって消滅する権利等の抹消登記を嘱託することにより登記上も所有権移転となります。
買受人は所有者として占有者に対して不動産の引渡しを命令する制度が設けられています。
これを「引渡し命令」といいます。
新しい所有者がこの、引渡し命令書を受けるためには、代金を納付した日より6ヵ月位内に、裁判所に対して申し立てることが必要になります。
かつてはこの時点に至っても、占有を続け、立退料として買受人に金銭を要求する人たちもいましたが、近年は占有を続けていると反対に訴訟を起こされ、損害賠償を請求されるケースもあります。
また、不法侵入として警察に通報されるケースもあるようです。
元の所有者の立場からすれば、強制的に「自宅を追い出される」ということになりますが、これは法律上の正当な行為です。
しかも、競売での売却価格よりも残債務が多ければ、借金が残ってしまいます。